夜明けのハミング

成人発達障害、睡眠障害、愛着障害、複雑性PTSD、低血糖症――らとつきあいながらの半世紀。絵を描いたり歌ったりしながら、ゆるゆる生きる。どこまで健全に近づけるだろう?

空き巣にあった

f:id:barbara1414:20171029214400j:plain

気がついたらすっかりご無沙汰していました。

それまで、「愛のコーヒーカップ理論・実践日記」をつけていたはずです。

その途中、このブログにつづっていたとき、人生で生まれて初めて「空き巣」に入られる!! というびっくり体験がありました。

自分の戸締りが悪かったので言えないのですが、ベランダから侵入されドアからフツーに出て行ったようです。

荒らされた形跡もなにもなく、その頃ドアの閉まりが悪かったので内側から鍵をかけないかぎり開いてしまうので、思いっきり解放ドアにさすがに即刻怪しい・・・と思い、調べるとお札のほとんどが抜き取られていました。。

プロ中のプロだろう、凄く上手い、とおまわりさんが言っていました。(知り合い犯行説も考えられていたようです。その日、近隣でも入られていたようですが、プロの泥棒。)

透明ボックスにコイン貯金していたものは、手つかず。

また、すべてのお札ではなく、なぜか気づかれなかったものもありました。

ちょうど、給与をおろしたばかりでいちばん現金があった日でした(--〆)。。

よく「節約ブログ」などにある、週ごとの袋分け方式をここ何カ月か実践し、(すべて千円札にし、科目ごとに週予算で分ける)最初はちょっと面倒だけど上手くやれる! と、思っていたところだったのですが・・・

A4ファイルで現金管理、という方法のブログもありましたが、金庫同様に、それごとドロボーされればそれっきりになってしまいます。(当たり前か・・・)

なので、この方法はやめることにして、戸締り厳重は勿論だけど、原則自宅に現金を置かないことに変えました。

思えばこれまでの住まいでは、防犯意識が薄くなるようなところでばかり暮らしていたことに気づかされました。

また、月々の生活費と別に、アート費や特別な目的での貯金など、タンス預金していたので、その袋ごと消えてしまったのは、お金の額面だけでなくかなりのダメージ・・・。封筒内にこれがある! というのが、精神安定剤になっていたので。

 

その後、盗られた額面は、なぜか母親が出してくれるとなったのですが、用心しないと頼んでもいないのに金でコントロールしようともくろまれる危険が大なのでが・・・案の定、その封筒内に入っていた手紙を一読して、何十年と重なっていたものが切れて、(外出時には化粧しなさい、等々。してるし、大きなお世話なのだ。)

指図されながら受け取る気はない、返金する、と返信したら、

何とあろうことか、謝ってきた!!

ありえない反応だったので、この人いよいよ死ぬのかしら?! と、マジに疑った。

余計な言い訳や文面とセットではあったけれど、病院で30分枠でついているカウンセラーからも、このタイプの親は何が何でも決して謝罪はしない、という典型の人なので、多少なりとも謝ってきたのは、私(ばーばら)が変化したから、と言われました。

この年になって、本気で変質してきたということかもしれません。

とんでもなく嫌でたまらなかったけれど、自覚もできない大きな大きな「親子共依存サイクル」に取り囲まれていたことを自覚しつつあった頃での出来事でした。

結局、謝罪とともにお金も受け取りましたが、あの、ちまちまとアート関係での入金があったときなどに手元で管理していたものと同質とは思えないものがあります・・・。

 

さて、その後なかなか「愛のコーヒーカップ」というのが順調にいっておりません。。

そもそも、そのカップを置いておくテーブルなり土台なりが不安定であることに気づきました。。

いい感じをつづける、ハッピーなベクトルに向かう

となったら、決まって必ず土台からのどんでん返しとなる、というのが、そう言えば自分の人生パターンです。

ある程度カップが満ちてきたりすると、地殻振動がおこりーーはじめはごく微振、そして大震災となる。

カップはこなごな、地盤をとりあえずそこそこに整え直すのに時間を要する。

人生、この繰り返しでした。

なので、カップをおいても大丈夫、と土壌から改革していかないといけません。

一体、人生の終わりまでに間に合うんだろうか??

 

お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。クリックいただけると励みになります<(_ _)>。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村