ハミングしながら歩こう

成人発達障害、睡眠障害、愛着障害、複雑性PTSD、低血糖症――「生きづらさ」をゆるくいたわりながら、ゆっくり歩く。どうせなら歌いながら。

発達・精神障害女性とおしゃれ

f:id:barbara1414:20170813000058j:plain

発達障害者と服装・ファッションなどをテーマにしたブログ記事も出てくるようになっている今日この頃。

専門的なことをわざわざ私が書く必要もないので、詳しくはググってみて下さい。

ごく個人的なこととして、ひどいと思うけれど、何さまと思うけれど、私は男女ともに、特に女性で全くおしゃれっ気のない人が苦手だ。完全すっぴん(色つきリップすらなし)、切ってるだけの男性的?ショート又は伸び放題のぼさぼさ印象のロングヘア、洗ってるからいい、というだけのような服装。たいてい色合いも地味すぎる。又は、かなり突飛な色彩だったり。発達障害女性に見られやすい傾向。

勿論、若ければそれだけでOKなところもあるけれど、45過ぎてもそんな感じの女性が発達界などに少なくない。多分、フツーに健康な女性の場合、その割合は一気に減ると思う。こだわり、と言えばそれまでだけど…。男性の場合、いくらいい歳でも、ただのオタクおやじですまされるかもしれないけれど、女性にそれは通用するんだろうか?

どうして外出できるんだろう? と、本気で不思議。そして、申し訳ないけれども、コミュニケーションとろう、というモードが自動的にシャットアウトになってしまうのは、私の特性の一つかもしれない。

自分の身なりに気を遣える人は、他人に対しても気遣いできる。

これは、私だけの持論ではないはず。はっきりそう言っていた若い女性もいた。つまり、おしゃれな人の方が性格が良い可能性がずっと高い。

他者の目を意識、という、ある種の社会性ももっている。

これは決して、いわゆる「美人」とかを指すのではなく、太っていようがやせ過ぎていようが、二重あごだろうが、胸がペタンコだろうが、一重まぶただろうが、シミ・そばかすがあろうが、猫背だろうが関係ない。

自分を飾ることが好き、装うことが楽しい、そういう気持ちで生活しているかどうか、だけ。貧乏でもそう見せない装いも可能。(勿論、かけられるならお金をつかえばグレードアップできる。)ある種の社会性でもある。

ただし、注意が必要なのは、発達・精神障害や健常者にかかわらず、いい歳になって厚いメイクをしないこと。

特に45歳くらい以降の人は、覚えているのが昭和メイクなので注意が必要。やればやるほど、老ける。昔の女と化す。がんばりすぎるほど、目に痛い。たまに、笑わせてくれてるのか?と思えるような、バカボンみたいなチークをしている年輩女性がいる。若い子でもいるけれど、それはある週のいまどき特殊メイク?みたいなもので、若ければとりあえず何でもあり。肌が違う。どんな色をつけても許される世代のうちは、整形級のメイクもチャレンジしがいがあると思う。

いい歳の女性の場合、いかに肌質にこだわるか。(もちろん、若い時から気をつけたい。シミを作ってしまった自分があまり言えないけれど・・・)そして、決して厚くならない、素肌っぽいメイクを。(もちろん、すっぴんとは歴然と違う。)

思えば、私が口ききやすい女性達は、全員おしゃれだ。年代は関係ない。過度に派出な人はいない。無意識にまずここで線引きしていた気がする。例外的に限りなくすっぴんなだいぶ年上の女性もいたけれど(交通事故で他界したため、過去形)、全身の何気ない雰囲気がおしゃれだった。決してお金を使っていたわけでもない。

『人は見た目が9割』 という本があるらしいけれど、ものすご~~く重要なことの割には、特に発達系の女性達からは抜け落ちている場合が多い。鬱が重いなどの場合は、それどころじゃないのは別として。

少々のプチ鬱ならば、逆手をとって、そういうときこそ見た目にこだわってみましょうよ。ちょっと明るいアクセサリーを身につけるだけでも、気分は明らかに変わるので。たとえ鬱でも、自己演出してみると外から内に働きかけるし、他人の印象は明らかに違う。いざ冠婚葬祭(特に葬儀)という場合の為にも、発達系の女性達、メイクの練習される方がよいかと思う。

(自分は、なるべくシンプルライフよりを目指しているので、メイク道具はかなり少ない。)

 

近年、片方の耳のピアス穴がふさがっていたのを再び開けて、安いピアスを再度収集しはじめている。かつて、たくさん色々な種類で持っていたピアスたち。もうつけられないからと、断舎利してしまい後悔・・・。持っておけばよかった。。

そうだ、そろそろ又ヨーグルトパックしよう♪♪

 

ブログ村に参加しています。

クリックいただけると励みになります<(_ _)>。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村